Push▶︎改運引き寄せ部Push▶︎鑑定依頼はこちら

五黄土星1月の運勢と改運エキス

期間:2022年1月5日 18時12分~2月3日
月の干支/九星:辛丑/三碧木星

まだ、本命星をご存知ない方はこちらで調べてみて下さいね。

↓↓↓
http://ninestarlab.com/

【知ってお徳な改運関連日】

☆1月1日(土)寅の日 不成就日
☆1月3日(月)新月(03:33・山羊座)
☆1月4日(火)巳の日
☆1月10日(月)日盤切替・恵方参り
1月11日(火)天赦日+一粒万倍日+甲子の日
 日盤切替・恵方参り・ゾロ目
☆1月13日(木)寅の日
☆1月14日(金)一粒万倍日+大安
☆1月16日(日)己巳の日 不成就日
☆1月18日(火)満月(08:48・蟹座)
☆1月23日(日)一粒万倍日
☆1月25日(火)寅の日
☆1月26日(水)一粒万倍日+大安
☆1月28日(金)巳の日

_____________________

超最強開運日

1月11日(火)天赦日+一粒万倍日+甲子の日
1月10日・11日:天の気が大きく切り替わる日
11日の恵方参りが超おすすめ!!

※1月の土用期間:1/17(月)〜2/3(木)

「冬土用に注意すること」

土いじり・草むしり・木を植える又は移動
基礎工事・増改築・新規事を始める・言い
争い・ケンカ・旅行・引越しなどの行動は
しないことをおすすめします。

間日の日
1/25 (火) 寅
1/26 (水) 卯
1/28 (金) 巳

間日だけは

「土いじり作業がOKな日」

庭木の世話などで土を触る必要が
ある時は、間日を選びましょう。

※間日であっても地の神や土の神に

「土を触らせてもらいます」

と感謝する心が大切になります。

五黄土星の方の体調コンディション
腰痛や関節痛に注意をしてください。
大丈夫と思った無理は禁物です。

五黄土星生まれの男女

「悦びは笑顔から始まる」

シチュエーション

1月の五黄土星の方はバタバタと忙し
かった時期からスピードダウンして

悦びにフォーカス

をすることが吉となる。

仕事からプライベートま
で人間関係が良好になり

その関係性の輪が拡大する
楽しい月となりそうです。

もし..

友人や恋人、会社の上司や部下との
関係でギクシャクしている方がいたら..

その関係性を修復できる
チャンスの月となります。

ランチや飲み会に誘って
ゆっくりと会話をしたり

素直な心で語り会いたい。

また

お互いが笑顔に
なれる場所など、

アトラクションに行く
ことも良いでしょう!

特に家族・親族との団欒を
大切にすることは吉です。

その他では

「減速して一時停止」

左右を確認をしたら
ゆっくりと発進する。

立ち止まることは吉。

立ち位置の確認です。
改善すべき問題点など

自分の周りをよく見渡すことで2月以降
に向けての進むべき方向確認ができます。

1月の仕事のご縁や恋愛関連

良かれと思ったことも、なぜか今月は
大きなお世話ですと勘違いされやすい。

「お先にどうぞ」

率先して周りを引っ張る行動
よりも、相手ファーストで吉。

マウントを取りにいく言動
や行動は絶対に避けること。

「恋愛関連は大吉です!」

恋愛の神様の応援
を受ける月なので

積極的な行動を起こすことで
恋愛成就の可能性が高いとき

飲み会やイベントなどには
積極的に参加しましょう!

新しい出愛がきっと見つかるはず..

交際費は惜しまずに使って吉

★改運のエキス

「悦びは笑顔から始まる」

これが一番の改運エキスです。

たとえ何らかのトラブルや
問題が起こったとしても..

不貞腐れたり

なんで

私だけいつも..?

などの愚痴をこぼ
すことがあっても

口角上げて笑顔を忘れ
ないことが大切ですね。

なぜかといえば

今月は笑いや悦び、笑顔の時が多ければ
多いほど
天の後押しが強くなるからです。

五黄土星の方は特にです。

「笑顔の五黄土星は最強」

また

先月同様に

「損は孚あり」

誰でも損はしたくはありませんが..

「損すべき正しき損、満足を得る損」

が悦びの好循環を生み出します。

あなたのまわりに悦びを与える
「損」はむしろ五黄土星の方の

悦びとなって返ってくる「損」で
あることを忘れないでください。

そしてなにより

「愛と感謝を響かせること」

以上が1月の五黄土星の
方の改運エキスでした。

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

でゎまた、

五黄土星さんの大改運を祈ってます。

今年も愛と感謝で福あれ光あれ(^^)!

サニーさん

☆五黄土星の資質と才能 『帝王』
☆五黄土星五黄土星は五行では「土性属性」になります。方位はありません。「九星の中心」に位置します。黄泉の世界=あの世(天と地の間)を意味することになります。「...

- Comments -

タイトルとURLをコピーしました